イタリア語文法 ”助動詞 -現在形-”|20.20

      イタリア語文法 ”助動詞 -現在形-”|20.20 はコメントを受け付けていません。


【日常会話に欠かせない!助動詞の使い方!】

イタリア語にも英語と同じように助動詞があります。使い方も似ており、助動詞がついたあとは動詞を原型に戻します。

【 現在時制における助動詞の基本形 】
助動詞 (Ausiliare) + 動詞の原型 (Infinito)

また助動詞も一般動詞と同じように6つの人称を持ち、各時制によりそれぞれ変化します。併せてすべてが不規則変化動詞ですので、ひとつひとつしっかり覚えていきましょう!

助動詞と関連のある動詞について、下記ページも併せてご覧ください。

● 動詞 -現在形-
● 動詞 -現在形 不規則変化-
● 動詞 -未来形 不規則変化-

スポンサーリンク


 

活用 (Coniugazione)
動詞
potere (ポテーレ)
dovere (ドヴェーレ)
volere (ヴォレーレ)
意味
(英語)
~できる
(can)
~しなければならない
(must)
~したい
(want)
io
posso (ポッソ) devo (デヴォ) voglio (※)
tu
puoi (プオイ) devi (デヴィ) vuoi (ヴオイ)
lui, lei
può (プオ↑) deve (デヴェ) vuole (ヴォーレ)
noi
possiamo (ポッスィアーモ) dobbiamo (ドッビアーモ) vogliamo (※)
voi
potete (ポテーテ) dovete (ドヴェーテ) volete (ヴォレーテ)
loro
possono (ポッソノ) devono (デヴォノ) vogliono (※)

英語における “will” “sould” にあたる助動詞はイタリア語では時制および条件法で対応するため、助動詞としては存在しません。それぞれ一つの単語として表現します。

● will ⇒ 時制の変化 : 単純未来
● sould ⇒ 態の変化 : 条件法

また英語において能力のできるは助動詞 “can” を用いますが、イタリア語ではこの場合に限り助動詞に “sapere(知る : to know)” が用いられます。

話すことができる(能力がある)、運転できる(能力がある)などは全て “sapere” で表現します。

● So parlare l’inglese. (I can speak English.) : 私は英語を話すことができます。
● So guidare la macchina. (I can drive the car.) : 私は車を運転することができます。

“sapere” も不規則変化動詞です。

こちらもよく使う単語なのでしっかり覚えましょう!

 

イタリア語の教材を探す

【電子書籍で無駄なく!】

楽天による電子書籍サイト楽天koboです。イタリア語書籍の取り扱いも充実しています。いつでもどこでも気軽に持ち運べる電子書籍を活用してしっかり学びましょう!

楽天Kobo電子書籍ストア  

旅してみよう!イタリア!

【現地を知ることでより楽しく学ぼう!】

イタリア語は覚えるだけでなく実際に使うことやイタリアを訪れてみることで、より学ぶ楽しみを実感することができるはずです。是非イタリアを訪れてみてください。その経験がより一層あなたをイタリア語へと惹きつけ、より楽しくイタリア語を学ぶきっかけになるはずです!
当サイトが、イタリア語に興味を持ち学んでいる皆様に対して、今後より一層楽しく学んでいく上でのきっかけと手助けとなれば幸いです。

都市を調べる
ミラノ ヴェローナ パドヴァ ヴェネツィア モデナ ボローニャ サンジミニャーノ フィレンツェ ルッカ

おすすめ航空券予約サイト! おすすめホテル予約サイト! おすすめツアー予約サイト!
その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す
   
スポンサーリンク