イタリア語 ”目的格人称代名詞”|20.20

      イタリア語 ”目的格人称代名詞”|20.20 はコメントを受け付けていません。


このページではイタリア語の目的格人称代名詞について学んでいきます。

目的格人称代名詞とは ”誰々に”、”誰々を” という人に対するものや ”それを”、”そこへ” などものや場所に対するものまで、日本語でも普段からよく使っている代名詞の一つです。

日常会話で非常によく登場するので、しっかり覚えて感覚を掴んでいきましょう!

スポンサーリンク


人称代名詞① (Pronomi Personali)
わたし
me (メ)
わたしたち
noi (ノイ)
あなた
te (テ)
あなたたち
voi (ヴォイ)
彼、彼女
lui, lei (ルイ、レイ)
彼ら
loro (ロロ)
人称代名詞② (Pronomi Personali)
わたし
mi (ミ)
わたしたち
ci (チ)
あなた
ti (ティ)
あなたたち
vi (ヴィ)
彼、彼女
gli, le (※、レ)
彼ら
gli, le (※、レ)

イタリア語の人に対する目的格人称代名詞は2種類あります。

それぞれ意味や働きは同じですが、どちらを使うかによって文の型が変化します。

【例】 あなたにメッセージを書きます。
① Scrivo un messaggio a te.
② Ti scrivo un messaggio.

意味はまったく同じですが、使う目的格人称代名詞により上記のように文の形が変化します。

①の形をとる際は、英語で言うところの “to” に当たる前置詞 “a” が必ず前に付きます。

場面によりけりではありますが、一般的に会話の中ではより短縮した②の形を用いられることが多いです。

②は英語にない形なので、はじめのうちはヒアリングとスピーキングでこれに対応することがかなり難しいですが、慣れてしまえば苦になりません。

そして、よくよく考えると実は②の形は日本語と同じです。

スポンサーリンク


 

人称代名詞③ (Pronomi Personali)
男性・単数
lo (ロ)
男性・複数
li (リ)
女性・単数
la (ラ)
女性・複数
le (レ)
一部分
ne (ネ)
場所
ci (チ)

こちらはものに対する目的格人称代名詞で英語で言うところの “it” にあたり、名詞に対する人称代名詞であるため男性・女性・単数・複数によって使い分けます。

また “ne” については、その会話の一部のものを指す際に用います。これも慣れるまではかなり苦労しますが、反復して少しずつしっかり覚えていきましょう!

【例】
男性・単数(複数) : Maschile singolare (pulrale)
A : (Tu) Conosci questo libro (questi libri)? この本知ってる?(これらの本を知ってる?)
B : Lo (Li) conosco. 知ってるよ。

女性・単数(複数) : Femminile singolare (pulrale)
A : (Tu) Conosci questa cucina (queste cucine)? この料理知ってる?(これらの料理知ってる?)
B : Non la (le) conosco. 知らないなぁ。

男性・女性一部分 : Un pezzo di qualcosa
A : (Tu) Vuoi lo zucchero nel caffè? コーヒーに砂糖は入れる?
B : Sì, ne metto un cucchiaio. うん、スプーン一杯ね。

場所 : Luogo, Posto
A : Domani vai a scuola? 明日学校行く?
B : Sì, ci vado. うん、行くよ。

スポンサーリンク


 

また、上記の目的格人称代名詞2種類(人 + もの)が組み合わさることで異なる形をとります。

その際は下記のようになります。

人称代名詞① + 人称代名詞③ + 動詞

【例】
A : Vorrei leggere il tuo libro giapponese. きみの日本語の本を読んでみたいんだけど。
B :  Allora te lo regalo.  じゃあ、きみに上げるよ!

目的格人称代名詞は日常会話の中でもかなり使用頻度の高いものです。それだけに学びはじめはかなり苦労する部分の一つですが、焦らずに少しずつしっかり覚えていきましょう!

 

イタリア語の教材を探す

【電子書籍で無駄なく!】

楽天による電子書籍サイト楽天koboです。イタリア語書籍の取り扱いも充実しています。いつでもどこでも気軽に持ち運べる電子書籍を活用してしっかり学びましょう!

楽天Kobo電子書籍ストア  

旅してみよう!イタリア!

【現地を知ることでより楽しく学ぼう!】

イタリア語は覚えるだけでなく実際に使うことやイタリアを訪れてみることで、より学ぶ楽しみを実感することができるはずです。是非イタリアを訪れてみてください。その経験がより一層あなたをイタリア語へと惹きつけ、より楽しくイタリア語を学ぶきっかけになるはずです!
当サイトが、イタリア語に興味を持ち学んでいる皆様に対して、今後より一層楽しく学んでいく上でのきっかけと手助けとなれば幸いです。

都市を調べる
ミラノ ヴェローナ パドヴァ ヴェネツィア モデナ ボローニャ サンジミニャーノ フィレンツェ ルッカ

おすすめ航空券予約サイト! おすすめホテル予約サイト! おすすめツアー予約サイト!
その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す
   
スポンサーリンク