イタリア語文法 ”動詞 -現在形-”|20.20

      イタリア語文法 ”動詞 -現在形-”|20.20 はコメントを受け付けていません。

【日本語にも英語にもない語形!ゼロから学んで話せるようになろう!】

イタリア語の動詞は各時制により6つの人称があります。

その点で英語と違い、一つの単語の一つの時制に対して覚えることが多いです。

ただし、パターンがあるので覚えてしまえば意外とできてしまうもの。

ここでは現在形を取り上げます。それでは一つ一つ見ていきましょう!

まずは人称代名詞を見ていきます。

人称代名詞 (Pronomi Personali)
わたし
io (イオ)
わたしたち
noi (ノイ)
あなた
tu (トゥ)
あなたたち
voi (ヴォイ)
彼、彼女
lui, lei (ルイ、レイ)
彼ら
loro (ロロ)

イタリア語では人称代名詞は余り重要ではありません。

一つの動詞そのものが6つに変化するため、わざわざ言う必要がないからです。

場面に応じて人を強調する際などに用いるので、必要に応じて使用しましょう!

スポンサーリンク


 

続いて動詞の一例とその不定詞(動詞の原形)を見ていきます。

不定詞 (Infinito)
-are
-ere
-ire
第一活用 (prima coniugazione)
第二活用 (seconda coniugazione)
第三活用 (terza coniugazione)
mangiare (マンジャーレ)
食べる
scrivere (スクリーヴェレ)
書く
sentire (センティーレ)
聞く、感じる
parlare (パルラーレ)
話す
leggere (レッジェレ)
読む
dormire (ドルミーレ)
寝る
amare (アマーレ)
愛する
vedere (ヴェデーレ)
見る
pulire (プリーレ)
掃除する

【備考】
①聞く
sentire : to hear
ascoltare : to listen

②見る
vedere : to see
guardare : to watch

スポンサーリンク


 

イタリア語の動詞は大きく上記3種類に分類することができます。

そして、それぞれの不定詞を原型として下記の6つの人称へ動詞が変化します。

活用例 (Esempi delle Coniugazioni)
第一活用
第二活用
第三活用
mangiare
scrivere
sentire
pulire
io
mangio scrivo sento pulisco
tu
mangi scrivi senti pulisci
lui, lei
mangia scrive sente pulisce
noi
mangiamo scriviamo sentiamo puliamo
voi
mangiate scrivete sentite pulite
loro
mangiano scrivono sentono puliscono

活用の法則は上記のとおりです。3人称、5人称、6人称の際に各活用により変化します。

また、第三活用のみ2種類の活用を持ちます。これは単語によりけりなので、もう覚えるしかありません。慣れれば音の感覚でなんとなくどちらに分類されるかも判断できるようになるので、長い道のりですが一つ一つしっかり覚えていきましょう!

 

イタリア語の教材を探す

【電子書籍で無駄なく!】

楽天による電子書籍サイト楽天koboです。イタリア語書籍の取り扱いも充実しています。いつでもどこでも気軽に持ち運べる電子書籍を活用してしっかり学びましょう!

楽天Kobo電子書籍ストア  

旅してみよう!イタリア!

【現地を知ることでより楽しく学ぼう!】

イタリア語は覚えるだけでなく実際に使うことやイタリアを訪れてみることで、より学ぶ楽しみを実感することができるはずです。是非イタリアを訪れてみてください。その経験がより一層あなたをイタリア語へと惹きつけ、より楽しくイタリア語を学ぶきっかけになるはずです!
当サイトが、イタリア語に興味を持ち学んでいる皆様に対して、今後より一層楽しく学んでいく上でのきっかけと手助けとなれば幸いです。

都市を調べる
ミラノ ヴェローナ パドヴァ ヴェネツィア モデナ ボローニャ サンジミニャーノ フィレンツェ ルッカ

おすすめ航空券予約サイト! おすすめホテル予約サイト! おすすめツアー予約サイト!
その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す
   
スポンサーリンク