【イタリア語単語集】挨拶|20.20

      【イタリア語単語集】挨拶|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

公開日 18/11/2015 最終更新日 19/11/2021

【言語学の基本!イタリア語の挨拶を覚えよう!】

旅行でも使えるイタリア語の簡単なあいさつやフレーズです。

ワンフレーズで軽く使えるものも多いので、旅行の際にお店やレストランで使ってみてください。

言葉に触れてイタリア気分をちょっとプラスして、旅をより楽しみましょう!

スポンサーリンク

 

挨拶(SALUTO)

出会い頭・別れ際(フォーマル)

どの言語にも言えることですが、フォーマルとカジュアルの使い分けは非常に重要です。最低限フォーマルなシーンにおいてカジュアルな発言が出ないようには注意しましょう!

また、勉強したてはともかく、友達同士においてもフォーマルな表現だと堅く遠く感じてしまうので、慣れてきたらしっかり使い分けることを意識していきたいですね!

おはようございます Buon giorno(ブォン・ジョルノ)※1 Good morning
こんにちは・こんばんは Buona sera(ブォナ・セーラ)※1 Good evening
こんにちは Salve(サルヴェ)※2 Hello
おやすみなさい Buona notte(ブォナ・ノッテ) Good night
お元気ですか? Come stai?(コメ・スターイ?) How are you?
さようなら Ci vediamo(チ・ヴェディアーモ)※3 See you
Arrivederci(アッリヴェデルチ) See you
良い一日を Buona giornata(ブォナ・ジョルナータ)※4 Have a good day
良い夜を Buona serata(ブォナ・セラータ)※4 Have a good evening

※1 日本ではお店に入る際に挨拶をすることを余りしませんが、現地では入店の際に挨拶をするのが一般的です。午前中は「ブォン・ジョルノ」、正午を回ったら「ブォナ・セーラ」です。退店時は「グラツィエ!」の言葉を忘れずに。そもそも単純に挨拶しないよりしてくれる人の方が心地良いですよね?現地の方からしたら当然のことなので、頭に入れておきましょう!お店によっては「チャオ!」と軽く出迎えてくれる所もあるので、その際は「チャオ!」と返せば構いません。

※2 日中を中心に幅広い時間帯で使える挨拶です。

※3 下記の「ア・プレスト」や「ア・ドマーニ」などを付け加えることで、「またいついつお会いしましょう」のような表現になります。実際には「ア・プレスト」や「ア・ドマーニ」の言葉単体でも意味を伝えることが可能であるためカジュアルに分類していますが、比較的軽い表現なので場面によって考えた方が良いということですね。

※4 別れ際に「ブォナ・ジョルナータ」や「ブォナ・セラータ」を付けると丁寧ですね!友達同士でもよく使います。

スポンサーリンク

 

出会い頭・別れ際(カジュアル)

やぁ! Ciao!(チャオ!) 会った瞬間も別れ際も同じセリフです!
またね! Ciao!(チャオ!)
連絡するね! Ci sentiamo!(チ・センティアーモ) Keep in touch!
またすぐにね! A presto!(ア・プレスト) See you soon!
ちょっとあとでね! A tra poco!(ア・トラ・ポーコ) See you soon!
またあとでね! A dopo!(ア・ドポ) See you later!
また明日ね! A domani!(ア・ドマーニ) See you tomorrow!
また今度ね! Alla prossima!(アッラ・プロッスィマ) See you next time!
元気? Come va?(コメ・ヴァ?) How are you?
どう? Tutto bene?(トゥット・ベーネ?) Are you all right?
どう? (tutto) a posto?(ア・ポスト) Are you all right?

フォーマル Ci vediamo a domani. Buona serata. また明日お会いしましょう。良い夜をお過ごしください。

カジュアル Ciao! a domani! Buona serata! バイバイ!また明日!楽しい夜をね!

スポンサーリンク

 

返答・応答・反応(フォーマル)

すみません(謝罪) Scusi※1(スクーズィ) Sorry
すみません(質問) Mi scusi※2(ミ・スクーズィ) Excuse me
ありがとう! Grazie mille!(グラツィエ・ミッレ) Thank you very much!
どういたしまして Non ti preoccupare(ノン・ティ・プレオックパーレ) You’re welcom
お大事に Salute※3(サルーテ) Bless you
良い食事を Buon appetito(ブォナペティート)※4 have a nice ○

※1 例えばすれ違いざまにぶつかってしまった、物を落としてしまったなどといったシーンで人に謝る際に用いる表現です。

※2 人に物事を尋ねる際に用いる表現です。お店に入って店員さんに何かを尋ねたいときなどに使用します。

※3 日本語にはないですが、欧米では用いられる表現で、くしゃみをした際に「お大事にね。」「風邪を引かないようにね。」といったような相手をおもんばかる言葉になります。教会などにおいては、この言葉と共に十字を切ることで神への祈りを捧げるアーメンの意味があることから、この場面では「あなたに神のご加護がありますように(元気でいられますように)」といった相手への思いやりの言葉となっています。人に対して十字は切りませんのでご注意を。

※4 日本語の「いただきます」とは違い、一緒に食事をする相手などに掛ける言葉になります。「良い食事を」といったような感じですかね。

スポンサーリンク

 

返答・応答・反応(カジュアル)

はい Sì(スィ) Yes
いいえ No(ノ) No
OK! Va bene!(ヴァ・ベーネ) OK!
ありがとう! Grazie!(グラツィエ) Thank you!
ごめんね(謝る) Scusami(スクーザミ) Sorry
気にしないで Niente※1(ニエンテ) No problem
あなたもね (anche) a te※2(アンケ・ア・テ) also to you
いいね! Bene!(ベーネ) Good!
めちゃくちゃいいじゃん! Benissimo!(ベニッスィモ) Very good!
おいしいです! Buono(ブォノ) Taste good!
めちゃくちゃおいしいじゃん! Buonissimo!(ブォニッスィモ) Very good!
かんぱい Salute(サルーテ) Cheers!
かんぱい Cin(チン) Cheers!
がんばって! in bocca al lupo!(イン・ボッカ・アル・ルポ) Good luck!

※1 「どういたしまして(Non ti preoccupare)」をカジュアルに表現したものになります。

※2 「ありがとう!(Grazie!)」「こちらこそありがとう!(Anche a te!)」といったように相手に返す言葉です。「ブォナ・セラータ!(Buona serata!)」に対して「ア・テ(A te!)」で「良い夜を!」「君もね!」といったやりとりになります。

とりあえずカジュアルとフォーマルを別けて羅列していますが、実際分類しようがないものもあったり、厳密に言えば別にフォーマルなシーンで使っても問題ないものもカジュアルに含まれています。同じ意味の表現をするのであればフォーマルに分類したものを使って頂くと間違いないという感じで捉えてもらえればよいでしょう。

また、どちらかと言うと間投詞に該当するリアクションに近い言葉も含まれていますが、場面によっては挨拶や礼儀といった意味合いで使用して頂くとよいものもあるので、少し挨拶とは違うかもしれませんが、是非併せて覚えておいてください。間投詞については別ページでより幅広く紹介しておりますので、ご興味のある方はそちらをご覧ください。

いずれにしても言葉は感覚なので、やはり慣れるために経験を積むことや、どの言語にも共通で言えることですが、最終的には相手との関係性をちゃんと理解した上で適切な言葉を選んで相対することが大切ですね!ひとつひとつ覚えてコミュニケーション力をしっかり磨いていきましょう!

スポンサーリンク

【関連記事】

●間投詞

イタリア語学習の書籍や電子書籍を探す [PR]

楽しく学ぼうイタリア語![イタリア語トップページ]

世界一世界遺産の多い国イタリアはこんなところ![イタリアトップページ]

時間と空間を越えて!ヨーロッパを旅するウェブマガジン20.20 [総合トップページ]

音と一緒に!耳から学ぼうイタリア語!
スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などでヨーロッパを訪れています。旅はヨーロッパ限定で20ヶ国程度。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパのアートをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!