【イタリア語文法】文字 -アクセントと発音-|20.20

      【イタリア語文法】文字 -アクセントと発音-|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

公開日 24/12/2015 最終更新日 20/11/2021

【イタリア語におけるアルファベットとアルファベットの発音を知ろう!】

イタリア語は英語と同様にアルファベットを用います。

文字そのものを表す単語は英語と同じ “Letter” に該当する “Lettera” です。

ただし、日本語や中国語などに代表される表意文字は英語でも別表記の “Ideogram” ですが、イタリア語においても同じように “Ideogramma” になります。

スポンサーリンク

 

アクセントと発音(ACCENTO E PRONUNCIA)

【アルファベットと表意文字(ALFABETO E IDEOGRAMMA)】

アルファベット(ALFABETO)

  • 単数(letter) ⇒ lettera(レッテラ)
  • 複数(letters) ⇒ lettere(レッテレ)

表意文字(IDEOGRAMMA)

  • 単数(ideogram) ⇒ ideogramma(イデオグラッマ)
  • 複数(ideograms) ⇒ ideogrammi(イデオグラッミ)

イタリア語においてのアルファベットは下記の点において英語と異なります。

①発音
②基本的に使用しないアルファベットの存在

a※1(ア)b(ビ)c(チ)d(ディ)e※1(エ)f(エッフェ)g(ジ)h(アッカ)i※1(イ)j※2(ジェ)k※2(カッパ)l※3(エッレ)m(エッメ)n(エッネ)o※1(オ)p(ピ)q(キュ)r※3(エッレ)s(エッセ)t(ティ)u※1(ウ)v(ヴ)w※2(ドッピア・ヴ)x※2(イクス)y※2(ワイ)z(ゼータ) 

※1 母音はすべて日本語と同じ発音
※2 イタリア語では使用しないアルファベット
※3 イタリア語では「レ」を巻き舌にするかしないかのみで、共に「エッレ」と発音。「l(巻かない)」「r(巻き舌) : しっかり巻いて発音しないと本当に伝わりません。」
※※ gli : 単語により左記が入るものは特殊な発音となります。そのまま音を出すと ”グリ” となるように思われますが、グやリと同じ口の状態で舌を口内上部に当てながら歯の隙間から空気を抜きつつ ”グリ” というような音を出します。


【母音とアクセント(VOCALE E ACCENTO)】

母音が2種類存在します。違いはアクセントがあるかないかです。

発音は全く同じですが、アクセントが付くものは強く音を発します。

  • à : città(チッタ↑) 街
  • è : caffè(カッフェ↑) コーヒー
  • ì : lunedì(ルネディ↑) 月曜日
  • ò : può(プオ↑) ~できる
  • ù : menù(メニュー↑) メニュー

スポンサーリンク

【関連記事】

イタリア語学習の書籍や電子書籍を探す [PR]

楽しく学ぼうイタリア語![イタリア語トップページ]

世界一世界遺産の多い国イタリアはこんなところ![イタリアトップページ]

時間と空間を越えて!ヨーロッパを旅するウェブマガジン20.20 [総合トップページ]

音と一緒に!耳から学ぼうイタリア語!
スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などでヨーロッパを訪れています。旅はヨーロッパ限定で20ヶ国程度。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパのアートをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!