【イタリア語】目的格人称代名詞|20.20

      【イタリア語】目的格人称代名詞|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

公開日 13/01/2016 最終更新日 08/12/2021

このページではイタリア語の目的格人称代名詞について学んでいきます。

目的格人称代名詞とは ”誰々に”、”誰々を” という人に対するものや ”それを”、”そこへ” などものや場所に対するものまで、日本語でも普段からよく使っている代名詞の一つです。

日常会話で非常によく登場するので、しっかり覚えて感覚を掴んでいきましょう!

スポンサーリンク

 

目的格人称代名詞(PRONOME PERSONALE)

人に対する代名詞

イタリア語の人に対する目的格人称代名詞は2種類あります。

意味はまったく同じですが、使う目的格人称代名詞により文の形が変化します。

  目的格人称代名詞① 目的格人称代名詞①
わたし(一人称・単数) me(メ) mi(ミ)
あなた(二人称・単数) te(テ) ti(ティ)
彼 / 彼女(三人称・単数) lui / lei(ルイ / レイ) gli / le(※ / レ)
わたしたち(一人称・複数) noi(ノイ) ci(チ)
あなたたち(二人称・複数) voi(ヴォイ) vi(ヴィ)
彼ら(三人称・複数) loro(ロロ) gli / le(※ / レ)

【例】 あなたにメッセージを書きます。
① Scrivo un messaggio a te.(スクリーヴォ・ウン・メッサッジョ・ア・テ)
② Ti scrivo un messaggio.(ティ・スクリーヴォ・ウン・メッサッジョ)

①の形をとる際は、英語で言うところの “to” に当たる前置詞 “a” が必ず前に付きます。

場面によりけりではありますが、一般的に会話の中ではより短縮した②の形を用いられることが多いです。

②は英語にない形なので、はじめのうちはヒアリングとスピーキングでこれに対応することがかなり難しいですが、慣れてしまえば苦になりません。

けど、よくよく考えると実は文の構成としては②の目的語が文頭にくる形は日本語と同じですね。

スポンサーリンク

 

物に対する代名詞

【人称代名詞③(Pronomi Personali)】

男性・単数 ⇒ lo(ロ)

男性・複数 ⇒ li(リ)

女性・単数 ⇒ la(ラ)

女性・複数 ⇒ le(レ)

一部分 ⇒ ne(ネ)

場所 ⇒ ci(チ)


こちらはものに対する目的格人称代名詞で英語で言うところの “it” にあたり、名詞に対する人称代名詞であるため男性・女性・単数・複数によって使い分けます。

また “ne” については、その会話の一部のものを指す際に用います。これも慣れるまではかなり苦労しますが、反復して少しずつしっかり覚えていきましょう!

【例】
男性・複数(Maschile Prulare)
A : Conosci questi libri?(コノーシ・クエスティ・リブリ?) これらの本知ってる?
B : Li conosco.(ロ・コノスコ) 知ってるよ。

女性・単数(Femminile Singolare)
A : Conosci questa cucina?(コノーシ・クエスタ・クチーナ) この料理知ってる?
B : Non la conosco.(ノン・ラ・コノスコ) 知らないなぁ。

男性・女性一部分Un pezzo di qualcosa)
A : Vuoi lo zucchero nel caffè?(ヴォイ・ロ・ズッケロ・ネル・カッフェ↑) コーヒーに砂糖は入れる?
B : Sì, ne metto un cucchiaio.(スィ↑・ネ・メット・ウン・クッキアイオ) うん、スプーン一杯ね。

場所(Luogo, Posto)
A : Vai a scuola domani?(ヴァイ・ア・スクオラ・ドマーニ) 明日学校行く?
B : Sì, ci vado.(スィ↑・チ・ヴァド) うん、行くよ。

スポンサーリンク

 

複合型の代名詞

また、上記の目的格人称代名詞2種類(人 + もの)が組み合わさることで異なる形をとります。

その際は下記のようになります。

人称代名詞① + 人称代名詞③ + 動詞

【例】
A : Vorrei leggere il tuo libro giapponese. きみの日本語の本を読んでみたいんだけど。
B :  Va bene! Te lo darò domani.  OK!明日渡すね!

目的格人称代名詞は日常会話の中でもかなり使用頻度の高いものです。それだけに学びはじめはかなり苦労する部分の一つですが、焦らずに少しずつしっかり覚えていきましょう!

スポンサーリンク

【関連記事】

イタリア語学習の書籍や電子書籍を探す [PR]

楽しく学ぼうイタリア語![イタリア語トップページ]

世界一世界遺産の多い国イタリアはこんなところ![イタリアトップページ]

時間と空間を越えて!ヨーロッパを旅するウェブマガジン20.20 [総合トップページ]

音と一緒に!耳から学ぼうイタリア語!
スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などでヨーロッパを訪れています。旅はヨーロッパ限定で20ヶ国程度。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパのアートをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!