【イタリア語文法】動詞 -現在形-|20.20

      【イタリア語文法】動詞 -現在形-|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

公開日 18/12/2015 最終更新日 13/11/2021

【日本語にも英語にもない語形!ゼロから学んで話せるようになろう!】

イタリア語の動詞は各時制により6つの活用変化があります。

英語では三人称・単数の場合のみ変化しますが、イタリア語ではこれが各時制ごとに6つ存在するということです。

その点で英語とは大きく異なり、一つの単語の各時制に対して覚える単語数が多いことが最大の特徴であると同時に、難しさと戸惑いを感じるところでもあるでしょう。

ただし、一部の不規則変化を除けば、基本的に変化にパターンがあるので、さほど難しいとは感じないはずです。

不規則変化についてはまた別のページでご紹介しますので、こちらのページでは現在形の基本変化を取り上げます。一つ一つしっかり覚えていきましょう!

スポンサーリンク

 

動詞 -現在形-(VERBO : INDICATIVO PRESENTE)

人称代名詞(PRONOME PERSONALE)

まずは人称代名詞の確認です。

イタリア語では人称代名詞は余り重要ではありません。

一つの動詞そのものが6つに変化するため、わざわざ言う必要がないからです。

場面に応じて人を強調する際などに用いるので、必要に応じて使用しましょう!


(1人称・単数)わたし ⇒ io(イオ)

(2人称・単数)あなた ⇒ tu(トゥ)

(3人称・単数)彼 / 彼女 ⇒ lui / lei(ルイ / レイ)

(1人称・複数)わたしたち ⇒ noi(ノイ)

(2人称・複数)あなたたち ⇒ voi(ヴォイ)

(3人称・複数)彼ら ⇒ loro(ロロ)

スポンサーリンク

 

単語例(ESEMPIO)

続いて動詞の例とその不定詞(動詞の原形)を見ていきます。

第一活用(prima coniugazione) ⇒ are

  • mangiare(マンジャーレ) 食べる
  • parlare(パルラーレ) 話す
  • amare(アマーレ) 愛する

第二活用(seconda coniugazione) ⇒ ere

  • vedere(ヴェデーレ) 見る
  • scrivere(スクリーヴェレ) 書く
  • leggere(レッジェレ) 読む

第三活用(terza coniugazione) ⇒ ire

  • sentire(センティーレ) 聞く、感じる
  • dormire(ドルミーレ) 寝る
  • pulire(プリーレ) 掃除する

【聞く】
sentire : to hear
ascoltare : to listen

【見る】
vedere : to see
guardare : to watch

スポンサーリンク

 

活用例(CONIUGAZIONE)

イタリア語の動詞は大きく分けて上記3種類の活用に分類することができます。

そして、それぞれの不定詞を原型として下記の6つの人称へ動詞が変化します。


【第一活用()】

mangiare(マンジャーレ) 食べる

  • io ⇒ mangio(マンジョ)
  • tu ⇒ mangi(マンジ)
  • lui / lei ⇒ mangia(マンジャ)
  • noi ⇒ mangiamo(マンジャーモ)
  • voi ⇒ mangiate(マンジャーテ)
  • loro ⇒ mangiano(マンジャノ)

【第二活用()】

scrivere(スクリーヴェレ) 書く

  • io ⇒ scrivo(スクリーヴォ)
  • tu ⇒ scrivi(スクリーヴィ)
  • lui / lei ⇒ scrive(スクリーヴェ)
  • noi ⇒ scriviamo(スクリヴィアーモ)
  • voi ⇒ scrivete(スクリヴェーテ)
  • loro ⇒ scrivono(スクリーヴォノ)

【第三活用()】

sentire(センティーレ) 感じる

  • io ⇒ sento(セント)
  • tu ⇒ senti(センティ)
  • lui / lei ⇒ sente(センテ)
  • noi ⇒ sentiamo(センティアーモ)
  • voi ⇒ sentite(センティーテ)
  • loro ⇒ sentono(セントノ)

pulire(プリーレ) 掃除する

  • io ⇒ pulisco(プリスコ)
  • tu ⇒ pulisci(プリーシ)
  • lui / lei ⇒ pulisce(プリーシェ)
  • noi ⇒ puliamo(プリアーモ)
  • voi ⇒ pulite(プリーテ)
  • loro ⇒ puliscono(プリスコノ)

活用法則は上記のとおりです。3人称、2人称・複数、3人称複数の際に各活用により変化します。各活用法則ごとに色分けして表記しておりますので、照らし合わせて確認してみてください。

また、第三活用のみ2種類の活用が存在します。これは単語によりけりなので、もう覚えるしかありません。慣れれば音の感覚でなんとなくどちらに分類されるかも判断できるようになるので、長い道のりですが一つ一つしっかり覚えていきましょう!

スポンサーリンク

【関連記事】

動詞 -現在形 不規則変化-

動詞 -essereとavere-

イタリア語学習の書籍や電子書籍を探す [PR]

楽しく学ぼうイタリア語![イタリア語トップページ]

世界一世界遺産の多い国イタリアはこんなところ![イタリアトップページ]

時間と空間を越えて!ヨーロッパを旅するウェブマガジン20.20 [総合トップページ]

音と一緒に!耳から学ぼうイタリア語!
スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などでヨーロッパを訪れています。旅はヨーロッパ限定で20ヶ国程度。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパのアートをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!