イタリア語文法 ”助動詞 -現在形-”|20.20

      イタリア語文法 ”助動詞 -現在形-”|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

【日常会話に欠かせない!助動詞の使い方!】

イタリア語にも英語と同じように助動詞があります。使い方も似ており、助動詞がついたあとは動詞を原型に戻します。

【 現在時制における助動詞の基本形 】
助動詞 (Ausiliare) + 動詞の原型 (Infinito)

また助動詞も一般動詞と同じように6つの人称を持ち、各時制によりそれぞれ変化します。併せてすべてが不規則変化動詞ですので、ひとつひとつしっかり覚えていきましょう!

助動詞と関連のある動詞について、下記ページも併せてご覧ください。

イタリア語文法 ”動詞 -現在形-”|20.20

イタリア語 ”動詞 -現在形 不規則変化-”|20.20

イタリア語文法 ”動詞 -未来形 不規則変化-”|20.20

スポンサーリンク

 

活用 (Coniugazione)
動詞
potere (ポテーレ)
dovere (ドヴェーレ)
volere (ヴォレーレ)
意味
(英語)
~できる
(can)
~しなければならない
(must)
~したい
(want)
io
posso (ポッソ) devo (デヴォ) voglio (※)
tu
puoi (プオイ) devi (デヴィ) vuoi (ヴオイ)
lui, lei
può (プオ↑) deve (デヴェ) vuole (ヴォーレ)
noi
possiamo (ポッスィアーモ) dobbiamo (ドッビアーモ) vogliamo (※)
voi
potete (ポテーテ) dovete (ドヴェーテ) volete (ヴォレーテ)
loro
possono (ポッソノ) devono (デヴォノ) vogliono (※)

英語における “will” “sould” にあたる助動詞はイタリア語では時制および条件法で対応するため、助動詞としては存在しません。それぞれ一つの単語として表現します。

● will ⇒ 時制の変化 : 単純未来
● sould ⇒ 態の変化 : 条件法

また英語において能力のできるは助動詞 “can” を用いますが、イタリア語ではこの場合に限り助動詞に “sapere(知る : to know)” が用いられます。

話すことができる(能力がある)、運転できる(能力がある)などは全て “sapere” で表現します。

● So parlare l’inglese. (I can speak English.) : 私は英語を話すことができます。
● So guidare la macchina. (I can drive the car.) : 私は車を運転することができます。

“sapere” も不規則変化動詞です。

こちらもよく使う単語なのでしっかり覚えましょう!


【イタリアとイタリア語について】

イタリア語を勉強するなら!やっぱり知っておきたい本国のこと!
下記にイタリア語のその他項目をまとめたページとイタリアについての記事のリンクをご用意しました。是非そちらもご覧下さい。

また、イタリア語に関する本も下記でご紹介しております。
当サイトと併せてご利用頂くことで、よりスピーディーに幅広く学んでいって頂けるはずです。こちらも上手く活用してみてください。
みなさまの楽しい学びを応援しています! Impariamo Italiano!

イタリア語トップページ
イタリアについて

電子書籍で!いつでも学ぼうイタリア語!


スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などで年間2ヶ月ほどヨーロッパ滞在。旅はヨーロッパ限定で19ヶ国。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパグッズをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!