【旅行の準備】ちゃんと知ってる?ヨーロッパ各国の通貨を知ろう!|20.20

      【旅行の準備】ちゃんと知ってる?ヨーロッパ各国の通貨を知ろう!|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

しっかり知ろう!ヨーロッパのお金の基本!

旅の予約もグッズも楽天で!

【国がひしめき合うヨーロッパの通貨事情】

現在は、西欧を中心にユーロ(EUR)の導入が進んでいますが、さまざまな理由でユーロが導入されていない国も比較的多くあります。小国家がひしめき合い、また国が連なるヨーロッパならではの金銭事情ですので、入国した国で使えない!なんてことがないようにしっかりチェックしていきましょう!

【ヨーロッパ各国での効率的なお金の利用方法】

ヨーロッパは現在キャッシュレス化が進んでおり、特にスカンディナヴィアでは電子決済が一般的になっているため、最低限クレジットカードは持っていきたいです。クレジットカードについては海外旅行保険も少なからずカバーできるので、その点も魅力の一つです!

また、クレジットカードは緊急時に現地でキャッシュを引き出すためにも海外キャッシング対応のものがオススメです。異なる通貨を持つ国も多いので、現地通貨をそのまま引き出せるという点も非常に便利なポイントです。

●ヨーロッパ旅に便利な最強クレジットカードはこれ!

スポンサーリンク

 

ユーロ / EUR

通貨 : ユーロ / € / EUR

現在は20カ国がユーロを導入しており、世界の主要通貨の一つです。呼称は紙幣と2ユーロ、1ユーロコインがユーロ、その他小さい単位のコインがセントとなります。

現在の両替相場を知りたい方はこちら。(外部サイトみずほ銀行外貨両替相場ページへリンクします。)

導入国一覧

【西欧】

●アイルランド(IR)

●アイスランド(IS)

●イタリア(IT)

●オーストリア(AT)

●オランダ(NL)

●スペイン(ES)

●ドイツ(DE)

●フランス(FR)

●ベルギー(BE)

●ポルトガル(PT)

●ルクセンブルク(LU)

●マルタ(MT)

【北欧】

●フィンランド(FI)

【東欧】

●エストニア(EE)

●キプロス(CY)

●ギリシャ(GR)

●スロヴァキア(SK)

●スロヴェニア(SI)

●ラトヴィア(LV)

●リトアニア(LT)

旅行本も電子書籍で!スマホひとつで旅をしよう!

 

西欧

【ヨーロッパの強国イギリスは通貨の政策も独自】

西欧諸国は戦後政策で足並みをそろえてきたこともあり、現在多くの国がユーロを導入しています。周遊旅行などをする際は国を越えて共通の通貨を利用することが出来る国が多いので、通貨の面では非常に楽に旅をすることが出来ます。

●現在の両替相場を知りたい方はこちら。(外部サイトみずほ銀行外貨両替相場ページへリンクします。)

イギリス(GB)

通貨 : ポンド / £ / GBP

ブレグジットなどでも大きな問題となっていたイギリスは、通貨もユーロを導入せず独自の政策によるものとなっておりポンド(GBP)が用いられます。ユーロを導入したくても承認されない国がある一方で、現代においてもヴィクトリア時代に世界の覇権を握る強国であったイギリスの影響力と独自路線を貫ける強さは健在です。

旅の予約もグッズも楽天で!

 

北欧

【ユーロ導入国はフィンランドのみ。独自政策の強い北欧諸国】

西欧に対してスカンディナヴィアでは、独自の政策志向が強く、ユーロ導入国がフィンランドのみとなっています。その他のスカンディナヴィア各国の通貨は全てが似通った名前を持ちますが、いずれもそれぞれの国ごとにしか使用できない独自の通貨となっておりますのでご注意ください。

●現在の両替相場を知りたい方はこちら。(外部サイトみずほ銀行外貨両替相場ページへリンクします。)

デンマーク (DK)

通貨 : デンマーク・クローネ / DKK

デンマーク独自の通貨であるデンマーク・クローネ。ノルウェー・クローネやスウェーデン・クローナは似た名前の通貨ですが、それぞれ国ごとに単一で使用される個別の通貨となるため、それぞれの国でしか使用できません。また、ユーロとは変動相場制を用いていながらも変動幅固定レート制を敷いているため変動範囲が限定的で常に一定のレートの中にいる安定した為替相場となっています。

レゴや人魚姫誕生の国!世界一幸せな国としても知られるデンマークを知ろう!

 

スウェーデン (SE)

通貨 : スウェーデン・クローナ / SEK

スウェーデン独自の通貨スウェーデン・クローナ。デンマーク・クローネやノルウェー・クローネは似た名前の通貨ですが、それぞれ国ごとに単一で使用される個別の通貨となるため、それぞれの国でしか使用できません。下手に両替などで手数料を取られることのないよう、金額を計算しながら旅したいですね!

魔女の宅急便のモデルとなった街もあるスウェーデンはこんなところ

 

東欧

旧社会主義および共産主義国家で構成されており、過去に西欧諸国とは異なる政策をとっていたことや現代においては経済規模が小さいことから、多くの国がユーロの導入を出来ていないのが現状です。それによりバルト三国を除くほぼすべての国が独自通貨を利用しています。


スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などで年間2ヶ月ほどヨーロッパ滞在。旅はヨーロッパ限定で19ヶ国。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパグッズをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

おすすめ記事