イタリア語文法 ”動詞 -近過去形 再帰動詞-”|20.20

      イタリア語文法 ”動詞 -近過去形 再帰動詞-”|20.20 はコメントを受け付けていません。

【イタリア語の過去形の基本!再帰動詞の活用をしっかりマスターしよう!】

この項目ではイタリア語の動詞の過去形に関する一つの態である近過去形について、その中でも ”再帰動詞 (Riflessivo)” に関わる動詞の活用をみていきます。

基本的な形は下記のとおりです。

【活用法則】
目的格人称代名詞 + essere + 過去分詞 (Participio Passato)

【重要ポイント!】
近過去の中でも ”再帰動詞” は、必ず “essere” と結びつき、なおかつ過去分詞が男性・女性・単数・複数において活用変化します。

● 動詞 -近過去形-
● 動詞 -近過去形 ”動作”-
● 動詞 -現在形 ”再帰動詞”-

スポンサーリンク


essere
essere
+
過去分詞 (Participio Passato)
io
mi sono
+
divertirsi
divertito / divertita
(ディヴェルティート / ディヴェルティータ)
楽しんだ
alzarsi
alzato / alzata
(アルツァート / アルツァータ)
立った
tu
ti sei
lui, lei
si è
noi
ci siamo
divertirsi
divertiti / divertite
(ディヴェルティーティ /ディヴェルティーテ)
楽しんだ
alzarsi
alzati / alzate
(アルツァーティ / アルツァーテ)
立った
voi
vi siete
loro
si sono

【例】
男性・単数 (M / S) Ti sei alzato. : あなたは立った。
女性・単数 (F/ S) Ti sei alzata. : あなたは立った。
男性・複数 (M /P) Loro (Mario e Francesco) si sono alzati. : 彼ら(マリオとフランチェスコ)は映画館へ行った
女性・複数 (F /P) Loro (Maria e Francesca) si sono andate. : 彼女たち(マリアとフランチェスカ)は映画館へ行った。
混合・複数 (M/ P) Loro si (Mario e Maria) sono alzati. : 彼ら(マリオとマリア)は映画館へ行った。

活用の法則は上記のとおりです。

先にも記載したように必ず “essere” と結びつき、なおかつ過去分詞が男性・女性・単数・複数において活用変化します。

近過去形の基本的な上記の形をしっかり覚えていきましょう!

 

 

イタリア語の教材を探す

【電子書籍で無駄なく!】

楽天による電子書籍サイト楽天koboです。イタリア語書籍の取り扱いも充実しています。いつでもどこでも気軽に持ち運べる電子書籍を活用してしっかり学びましょう!

楽天Kobo電子書籍ストア  

旅してみよう!イタリア!

【現地を知ることでより楽しく学ぼう!】

イタリア語は覚えるだけでなく実際に使うことやイタリアを訪れてみることで、より学ぶ楽しみを実感することができるはずです。是非イタリアを訪れてみてください。その経験がより一層あなたをイタリア語へと惹きつけ、より楽しくイタリア語を学ぶきっかけになるはずです!
当サイトが、イタリア語に興味を持ち学んでいる皆様に対して、今後より一層楽しく学んでいく上でのきっかけと手助けとなれば幸いです。

都市を調べる
ミラノ ヴェローナ パドヴァ ヴェネツィア モデナ ボローニャ サンジミニャーノ フィレンツェ ルッカ

おすすめ航空券予約サイト! おすすめホテル予約サイト! おすすめツアー予約サイト!
その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す
   
スポンサーリンク