【イタリア語文法】動詞 -essere と avere-|20.20

      【イタリア語文法】動詞 -essere と avere-|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

公開日 27/12/2015 最終更新日 12/11/2021

【イタリア語の基本中の基本!まずはここから!】

イタリア語の中で最も基本的であり、基礎的、そして重要な二つの動詞 “essere(エッセレ)” と “avere(アヴェーレ)” を学びます。

現在形において “essere” は英語で言うところの “to be”、”avere” は “to have” に当たり、様々な用途で使用されます。

この二つの単語なくしてイタリア語は構成できません!まずはこの二つをしっかり頭に叩き込みましょう!

スポンサーリンク

 

エッセレとアヴェーレ(essere e avere)

意味と活用(SIGNIFICATO E CONIUGAZIONE)

どちらも不規則変化動詞です。用途はかなり多岐に渡るのでしっかり覚えましょう!

また、イタリア語は “h(アッカ)” の発音を持ちません。”avere” における活用の発音が日本語のローマ字読みとは異なりますので注意してください。


essere(エッセレ) : いる、ある(to be)

  • io ⇒ sono(ソノ)
  • tu ⇒ sei(セイ)
  • lui, lei ⇒ è(エ)
  • noi ⇒ siamo(スィアーモ)
  • voi ⇒ siete(スィエーテ)
  • loro ⇒ sono(ソノ)

avere(アヴェーレ) : 持つ(to have)

  • io ⇒ ho(オ)
  • tu ⇒ hai(アイ)
  • lui, lei ⇒ ha(ア)
  • noi ⇒ abbiamo(アッビアーモ)
  • voi ⇒ avete(アヴェーテ)
  • loro ⇒ hanno(アンノ)

スポンサーリンク

 

様々な用法

【~がある / ~がいる】

単数 C’è …(チェ) ⇒ There is …

※C’è = Ci + è 母音が重なることにより略語となります。

複数 Ci sono …(チ・ソーノ) ⇒ There are …

上記の表現も併せて覚えておきましょう。英語でもよく利用する表現ですが、イタリア語でも同じように非常によく利用します!


【年齢(ETÀ)】

英語では “be動詞” を用いますが、イタリア語では “have” にあたる “avere” を用います。

○ Ho 22 anni.(オ・ヴェンティ・ドゥエ・アンニ) ⇒ 私は22歳です。

× Sono 22 anni.


【近過去(PASSATO PROSSIMO)】

英語での完了形 “have + done” にあたり、イタリア語の過去形を作る際に最もよく利用される形です。

近過去形は各動詞ごとのルールに基づいて “essere” または “avere” を用いて文を構成することになります。近過去形における基礎となる非常に重要な部分ですので、しっかり覚えましょう!

スポンサーリンク

【関連記事】

動詞 -近過去形-

動詞 -近過去形 動作-

動詞 -近過去形 再帰動詞-

イタリア語学習の書籍や電子書籍を探す [PR]

楽しく学ぼうイタリア語![イタリア語トップページ]

世界一世界遺産の多い国イタリアはこんなところ![イタリアトップページ]

時間と空間を越えて!ヨーロッパを旅するウェブマガジン20.20 [総合トップページ]

音と一緒に!耳から学ぼうイタリア語!
スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などでヨーロッパを訪れています。旅はヨーロッパ限定で20ヶ国程度。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパのアートをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!