イタリア語文法 ”動詞 -近過去形 再帰動詞-”|20.20

      イタリア語文法 ”動詞 -近過去形 再帰動詞-”|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

【イタリア語の過去形の基本!再帰動詞の活用をしっかりマスターしよう!】

この項目ではイタリア語の動詞の過去形に関する一つの態である近過去形について、その中でも ”再帰動詞 (Riflessivo)” に関わる動詞の活用をみていきます。

基本的な形は下記のとおりです。

【活用法則】
目的格人称代名詞 + essere + 過去分詞 (Participio Passato)

【重要ポイント!】
近過去の中でも ”再帰動詞” は、必ず “essere” と結びつき、なおかつ過去分詞が男性・女性・単数・複数において活用変化します。

スポンサーリンク

 
essere
essere
+
過去分詞 (Participio Passato)
io
mi sono
+
divertirsi
divertito / divertita
(ディヴェルティート / ディヴェルティータ)
楽しんだ
alzarsi
alzato / alzata
(アルツァート / アルツァータ)
立った
tu
ti sei
lui, lei
si è
noi
ci siamo
divertirsi
divertiti / divertite
(ディヴェルティーティ /ディヴェルティーテ)
楽しんだ
alzarsi
alzati / alzate
(アルツァーティ / アルツァーテ)
立った
voi
vi siete
loro
si sono

【例】
男性・単数 (M / S) Ti sei alzato. : あなたは立った。
女性・単数 (F/ S) Ti sei alzata. : あなたは立った。
男性・複数 (M /P) Loro (Mario e Francesco) si sono alzati. : 彼ら(マリオとフランチェスコ)は映画館へ行った
女性・複数 (F /P) Loro (Maria e Francesca) si sono andate. : 彼女たち(マリアとフランチェスカ)は映画館へ行った。
混合・複数 (M/ P) Loro si (Mario e Maria) sono alzati. : 彼ら(マリオとマリア)は映画館へ行った。

活用の法則は上記のとおりです。

先にも記載したように必ず “essere” と結びつき、なおかつ過去分詞が男性・女性・単数・複数において活用変化します。

近過去形の基本的な上記の形をしっかり覚えていきましょう!


【イタリアとイタリア語について】

イタリア語を勉強するなら!やっぱり知っておきたい本国のこと!
下記にイタリア語のその他項目をまとめたページとイタリアについての記事のリンクをご用意しました。是非そちらもご覧下さい。

また、イタリア語に関する本も下記でご紹介しております。
当サイトと併せてご利用頂くことで、よりスピーディーに幅広く学んでいって頂けるはずです。こちらも上手く活用してみてください。
みなさまの楽しい学びを応援しています! Impariamo Italiano!

イタリア語トップページ
イタリアについて

電子書籍で!いつでも学ぼうイタリア語!


スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などで年間2ヶ月ほどヨーロッパ滞在。旅はヨーロッパ限定で19ヶ国。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパグッズをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!