イタリア語文法 ”動詞 -essere と avere-”|20.20

      イタリア語文法 ”動詞 -essere と avere-”|20.20 はコメントを受け付けていません。


【イタリア語の基本中の基本!まずはここから!】

イタリア語の中で最も基本的であり、基礎的、そして重要な二つの動詞です。

現在形において “essere” は英語で言うところの “be”、”avere” は “have” に当たり、様々な用途で使用されます。

この二つの単語なくしてイタリア語は構成できません!まずはこの二つを頭に叩き込みましょう!

スポンサーリンク


 

【 ① 意味と活用 (Significato e Coniugazione) 】

活用 (Coniugazion)
動詞
essere (エッセレ)
avere (アヴェーレ)
意味
(英語)
いる、ある
(be動詞)
持つ
(have)
io
sono (ソノ) ho (オ)
tu
sei (セイ) hai (アイ)
lui, lei
è (エ) ha (ア)
noi
siamo (スィアーモ) abbiamo (アッビアーモ)
voi
siete (スィエーテ) avete (アヴェーテ)
loro
sono (ソノ) hanno (アンノ)

共に不規則変化動詞です。

使用用途はかなり多岐に渡るのでしっかり覚えましょう!

また、イタリア語は “h(アッカ)” の発音を持ちません。”avere” における活用の発音が日本語とは異なりますので注意しましょう!

~がある
単数
C’è …
(チェ)
There is …
複数
Ci sono …
(チ・ソーノ)
There are …
【備考】 ※ C’è = Ci + è

上記の表現も併せて覚えておきましょう!非常によく利用します!

イタリア語は母音が重なる時は省略するため、実際は備考の単語の組み合わせです。

スポンサーリンク


 

【 ② 年齢 (Età) 】

英語では “be動詞” を用いますが、イタリア語では “have” にあたる “avere” を用います。

例 : Ho 22 anni. ⇒ 私は22歳です。

 

【 ③ 近過去 (Passato Prossimo) 】

英語での完了形 “have + done” の形にあたり、イタリア語の過去形を作る際に最も頻繁に利用される形です。動詞ごとにルールに基づいて “essere” または “avere” を用います。非常に重要ですので、しっかり覚えていきましょう!

● 動詞 -近過去形-
● 動詞 -近過去形 動作-
● 動詞 -近過去形 再帰動詞-

 

イタリア語の教材を探す

【電子書籍で無駄なく!】

楽天による電子書籍サイト楽天koboです。イタリア語書籍の取り扱いも充実しています。いつでもどこでも気軽に持ち運べる電子書籍を活用してしっかり学びましょう!

楽天Kobo電子書籍ストア  

旅してみよう!イタリア!

【現地を知ることでより楽しく学ぼう!】

イタリア語は覚えるだけでなく実際に使うことやイタリアを訪れてみることで、より学ぶ楽しみを実感することができるはずです。是非イタリアを訪れてみてください。その経験がより一層あなたをイタリア語へと惹きつけ、より楽しくイタリア語を学ぶきっかけになるはずです!
当サイトが、イタリア語に興味を持ち学んでいる皆様に対して、今後より一層楽しく学んでいく上でのきっかけと手助けとなれば幸いです。

都市を調べる
ミラノ ヴェローナ パドヴァ ヴェネツィア モデナ ボローニャ サンジミニャーノ フィレンツェ ルッカ

おすすめ航空券予約サイト! おすすめホテル予約サイト! おすすめツアー予約サイト!
その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す その他のおすすめサイトから探す
   
スポンサーリンク