【イタリア・ボローニャ】ボロネーゼはここで生まれた!美食と歴史の詰まったイタリアの街ボローニャを旅しよう!|20.20

      【イタリア・ボローニャ】ボロネーゼはここで生まれた!美食と歴史の詰まったイタリアの街ボローニャを旅しよう!|20.20 はコメントを受け付けていません
20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

公開日 22/09/2015 最終更新日 19/10/2021

ボローニャについて

旅の予約もグッズも楽天で!

【多くの文化が残る古都!周辺の観光地も見逃せない!】

イタリア北中部に位置するボローニャ(Bologna)。エミリア=ロマーニャ州(Emilia – Romagna)の州都に当たり、空の玄関口であるマルコーニ空港(BLQ)はボローニャの市街地から空港行きのバスで所要時間30分ほど。日本からの直行便はないため、必ずどこかを経由して辿り着くことになります。

中世はお金持ちの街として発展したこともあり、食文化をはじめ、街にはその名残を感じられるものが多く存在します。街の至る所で歴史を感じるものに出会え、この街ならではの食文化も多く残る美しい街です。

また、近隣にはサン・マリノ共和国(San Marino)や芸術の街として有名なフィレンツェ(Firenze)、アイルトン・セナの亡くなったサーキットとして有名なイモラ・サーキット、パルマ産の生ハムやパルメザンチーズで有名なパルマ(Parma)などもあり、近くに名所も多く、その他イタリア北部から中部に掛けての主要な都市の中心に位置します。

 

ボローニャの気候と天気

日本と非常によく似た気温や気候です。夏場はかなり暑く、蒸します。

スポンサーリンク

 

観光ポイント

【ボローニャの郷土料理を堪能しよう!】

なんと言っても食は忘れずチェックしておきたいのがボローニャ。ご存知ボロネーゼ(Tagliatelle al ragù)をはじめ、トルテッリーニ(Tortellini)ラザニア(Rasagne)などボローニャを訪れた際は必ず本場のボローニャ郷土料理を試したいのは言うまでもなく!

また、街の散策に目を向けると中世の街を象徴する建物が散見され、中でも街全体を眺望できる二つの塔(Due Torri)や丘の上に立つサン・ルカ教会(Santuario della Madonna di San Luca)なども忘れずに回っておきたい名所です!

イタリアの現地レストランを日本語で簡単予約!

【市内のバスについて】

料金 : 1,5€(75分間有効)
※購入チケットはバスの刻印機にて要刻印。

公式サイト(T-per) : こちら(イタリア語)

 

スポンサーリンク

 

二つの塔 / Due Torri

【古都ボローニャの象徴!塔から街を見下ろそう!】

古都ボローニャに並んで聳え立つ二つの塔です。中世にはお金持ちの街として栄え、その象徴として数多くの塔が建てられたと言われますが、今日においてその面影を残すのはわずか10本程度の塔のみとなりました。

高い方の塔がアジネッリ、低い方がガリゼンダと呼ばれ、ガリゼンダは斜塔になっています。アジネッリには登ることが出来るので、是非登って古都ボローニャを塔の上から眺めてみてください!

中世におけるお金持ちの象徴!二つの塔に登ってみよう!

 

サン・ルカ教会 / Santuario della Madonna di San Luca

【ボローニャ観光の鉄板!ポルティコを歩こう!】

ボローニャの丘の上に立つサン・ルカ教会。教会まではポルティコと呼ばれる柱廊をひらすら丘の上まで登ることで辿り着きます。

大理石造りの美しい教会内部はもちろんですが、街外れにあるので丘の上からは街を見下ろしたり、街の対面に広がる雄大な自然の光景を眺めることもできます。

ボルティコを通って丘の上に建つ美しい教会を見に行こう!

 

ボローニャ料理 / Piatti Bolognesi

【日本でも馴染みの深いボローニャの郷土料理!】

美食の街でもあるボローニャ。日本でよく耳にするスパゲッティ・ボロネーゼの発祥は、もちろんここボローニャです。

このスパゲッティ・ボロネーゼ、その字が語るようにボローニャ風のスパゲッティということになりますが、実は現地ではタリアテッレ・アル・ラグー(Tagliatelle al ragù)と呼ばれ、これが正式名称となります。

平打ちの麺に肉の味がしっかりと絡むボローニャを代表する料理の一つです!またラザニア (Rasagne)トルテッリーニ(Tortellini)もボローニャを代表する伝統料理です!

ボロネーゼ発祥の地!ボローニャの郷土料理って?

イタリアの現地レストランを日本語で簡単予約!

 

マッジョーレ広場とサン・ペトローニオ大聖堂 / Piazza Maggiore & Basilica di San Petronio

【街の中心広場!夏のイベント ”ソット・レ・ステッレ・チネマ” も見逃せない!】

ボローニャの中心マッジョーレ広場と隣に位置するサン・ペトローニオ大聖堂です。中央駅からインディペンデンツァ通りをまっすぐ抜けるとマッジョーレ広場にぶつかる正に街の中心にある広場で、市民や観光客が集う憩いの場となっています。

また、夏場には広場で約1ヶ月間に渡り屋外で誰でも無料で映画が鑑賞できるイベント、星空シネマが開催されます。連日、夜の広場を多くの人が埋め尽くし、市民をはじめ、多くの観光客を楽しませます!

夜の広場で映画が見れる!ボローニャで夏期シーズンに開催される星空シネマ!

スポンサーリンク

 

サント・ステファノ広場とサント・ステファノ教会 / Piazza Santo Stefano & Basilica di Santo Stefano

住所 : Via Santo Stefano, 24, 40125 Bologna, Italy

開館時間 : 08:00 – 19:00

入場料 : 無料

公式サイト : こちら

 

ガッレリア・カブールと赤いテント / Galleria Cavour e Tende rosse

【赤いテントが目印!貴族の住んだ歴史的な建物を見つけてみよう!】

この周辺は中世の時代には、お金持ちの住む地区でした。現在は高級ブランドのストアが立ち並ぶ通りとなっており、当時の名残を感じさせる場所になっています。

マッジョーレ広場側から見て南側に抜けたカブール広場周辺には赤いテントが掛かった窓が多く見られ、これは歴史的建造物や貴族の住んでいた重要な建物を意味しています。お金持ちの多かったこの地区は特に多く見られますが、街の至る所にあるのでぜひ散策しながら探してみて下さい!ちょっとした発見が旅をより楽しくしてくれるはずですよ!

住所 : Galleria Cavour, 1/V, 40124 Bologna, Italy

公式サイト : こちら

 

マルゲリータ公園と夏のイベント / Giardini Margherita

【市民の憩いの公園!夏には楽しいイベントも♪】

ボローニャの中心街から南東側へ道路を越えた場所に位置するマルゲリータ公園。公園の中心には池や噴水、バールがあり、夏は憩いの場として賑わいます。

また、6月下旬から7月下旬に掛けては公園内の道に世界の料理を味わえる屋台が軒を連ね、連日音楽の生演奏と共により一層賑わいますよ!この時期に訪れる方はぜひ立ち寄ってみて下さい!

住所 : Piazza di Porta Santo Stefano, 40136 Bologna, Italy

公式サイト : こちら

 

【ヨーロッパ最古】ボローニャ大学 / Università di Bologna

【ヨーロッパ最古の歴史ある大学!】

学生の街としても有名なボローニャには、ヨーロッパ最古の大学として、またヨーロッパ初の解剖が行われた場所として世界的に有名なボローニャ大学があり、世界中から学生が集まります。

また、日本語学科もあり、多くの学生がこの地で日本語を学んでいます!

スポンサーリンク

 

おわりに

さて、こちらのページではボローニャの旅をお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?オンラインツアーとしてウェブ上で楽しんで頂いたり、実際に現地を訪れた際に観光マップとして役立てて頂ければ幸いです。

また、当サイトではボローニャだけでなく、イタリアやイタリアの他の都市について紹介した記事もご用意しておりますので、是非併せてご覧ください。

それでは、引き続き当サイトで良い旅を。Buon Viaggio!

世界一世界遺産の多い国イタリア!

ミラノなくしてイタリアなし!北部イタリアのカギを握る街ミラノ!

シェイクスピアのロミオとジュリエットの舞台!世界遺産にも登録される古都ヴェローナ!

ボローニャ行きの航空券を探す[PR]

ボローニャのホテルを探す[PR]

時間と空間を越えて。ヨーロッパを旅するウェブマガジン20.20[トップページ]

ヨーロッパへのフライトを探す[PR]

ヨーロッパのホテルを探す[PR]

スポンサーリンク
運営者情報とコンセプトについて
ECCELLENTE
ウェブストアおよび実店舗オーナー、インポーター、エクスポーター、アンティーク&ヴィンテージコレクター、ファッションコーディネーター、旅人
ヨーロッパ長期滞在は3ヶ国(イタリア、アイルランド、デンマーク)でトータル2年半。 現在は日本を中心に活動しながら商品買い付けや旅などでヨーロッパを訪れています。旅はヨーロッパ限定で20ヶ国程度。
ウェブサイトやウェブストアを通じて、旅の楽しみ、ヨーロッパの情報、ヨーロッパのアートをご紹介し、みなさまの日常に楽しさをお届けします。
問い合わせ先や運営者のより詳しい情報はこちら

20.20が運営するヨーロッパを楽しめるオンラインインポートグッズストア!
今注目の北欧ヴィンテージがいっぱい!

おすすめ記事